プロペシアとは

世界60カ国以上で承認され、世界で初めて医師が処方するAGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発した医薬品です。

日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年12月14日より国内にて発売開始しました。

「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類があります。

フィナステリドによる髪の毛への働き

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として世界各国にて使用されているプロペシア。

日本でも取り入れられており、その効果の高さに期待されている製品でもあります。

このプロペシアの有効成分フィナステリドは脱毛を防ぐ効果があります。

毛が抜けてしまう原因は、テストステロンと男性ホルモンの5α-リダクターゼと呼ばれる2つが結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)を生み出してしまうためとされていますが、フィナステリドは、この2つが結合してしまうのを阻害する働きがあるのです。

効果・効能

AGA(男性型脱毛症)は、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が原因とされており、AGAで悩む男性は脱毛箇所の頭皮に通常より多くのDHTが確認されています。

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の原因であるこのDHTという物質の生成を阻止する効果があります。

このプロペシアの効果がAGAの改善を行ってくれます。

必ずしも効果を得られるとは言えませんが、国内の臨床実験(同主成分プロペシアの臨床実験)でも非常に高確率で改善がみられており、そのため、今までどんな育毛薬を使っても育毛効果がないと感じた人にはおすすめのお薬と言えます。

摂取するうえでの注意点

プロペシアは男性用のお薬になっており、女性は適用外です。

20歳未満の服用も安全性などが確認されていないので控えてください。

また、このお薬は一時的に前立腺の検査値が低くでることがあるため、前立腺の検査する場合は医療機関に服用していることを伝えるようにしましょう。

プロペシアは割れないようにコーティングされているため、割ったり潰したりしてはいけません。

その他、プロペシアは服用してもすぐに薄毛が治療されるというものではありません。早い人であっても飲みはじめて3ヶ月、平均すると6ヶ月の期間が必要だといわれており、効果が出たからといってすぐに服用を中断してしまってはいけません。

プロペシアの服用をやめると効果はすぐに無くなってしまうからです。

そのため一度使用を始めたら服用し続けるようにしてください。

このページの先頭へ