プロペシアを服用して訪れる「初期脱毛」

薄毛を治すためにプロペシアを服用しはじめたのに抜け毛が増えるなどの症状がでることがあります。

こういった場合は不安になってしまいますよね。

なにしろ薬の効果とは逆行しているのですから。

シャンプーをしていたら、ごっそりと尋常ではない量の抜け毛が!あの薬は、実は酷い薬なんじゃないか?と疑心暗鬼になる人もいるかもしれません。

しかし焦らないで下さい。これには理由があるのです。

これは「初期脱毛」という症状で、AGAの治療においては、普通に訪れるものなのです。

治療をはじめて比較的「初期」に起こる症状で、「初期脱毛」はプロペシアに限ったことだけではなく、男性型脱毛症の治療に関するお薬であれば、タブレット系、頭皮に塗布するスカルプエッセンス系の全てにおいて起こります。

「初期脱毛」とは、いずれ抜け落ちるのを待っている毛が抜けているだけで、そこから新しい毛が生えてくる準備をしている状態のことです。

つまりヘアサイクルを正常化しようとしている良い現象なのです。

ミノキシジル併用で効果倍増!

プロペシアと同様にミノキシジルも薄毛治療薬として効果を発揮する医薬品ですが、その特徴は違っています。

脱毛の原因を防ぐことで髪の毛をはやすフィナステリド(プロペシア)と血管を拡張することで血流を良くし髪の毛を生やすミノキシジルは、育毛成分における最強の矛と最強の盾といっても過言ではありません。

これらは、別々の要因に対して、多方向からアプローチするので効果が得られるのです。

ちなみに日本皮膚科学会によると「男性型脱毛症診療ガイドライン」の中で、さまざまな治療方法を5段階で格付けしており、その中で「ミノキシジル外用」と「フィナステリド内服」は推奨ランクAに設定されています。

ミノキシジルとフィナステリドは、それほど薄毛治療に適した医薬品で、相性も抜群なのです。

別の目的で作られた医薬品

薄毛治療薬のプロペシアとミノキシジルは、もともとは別の治療目的で開発されたものなのをご存知ですか。

プロペシアの有効成分フィナステリドはもともと前立腺肥大症や前立腺がんの薬として、また、ミノキシジルは経口血圧降下剤として使われていました。

その後の研究や臨床データによって、「脱毛が減った」「毛髪が増えた」という副作用がみられることがわかり、そのため、フィナステリドとミノキシジルはAGA治療薬として新たに開発され、商品として販売されるようになったのです。

このページの先頭へ