病院などの医療機関で購入

薄毛治療薬の購入方法としてもっとも安心できるのが、医療機関などで処方してもらう方法です。

プロペシアは医療用医薬品のため、薬局などで気軽に購入できるお薬ではなく、医師の処方が必要になります。

その理由は一緒に服用することができない併用禁忌薬や病気の既往歴があるかを知っておかないと重篤な副作用があらわれる可能性があるためです。

さらに、注意してもらいたいのが、医療機関では処方してくれますが、健康保険適応外ということ。つまり、保険の3割負担では買えないので、購入費用がどうしても高くなってしまうということになります。

個人輸入業者を使って購入

個人輸入業者を使う方法は、とにかく安く手に入れたい人におすすめです。

日本で薄毛治療薬を購入する際は、処方箋医薬品のため病院やクリニック以外での購入はできません。

しかし、これはあくまでも日本で適用される法律なので海外からの購入であれば問題はないのです。

しかし、個人で海外サイトから購入しようとすると言葉の壁や商慣習の違いなどからトラブルが発生してしまう可能性もあります。

そのため、海外から購入したいと考えている方は個人輸入代行業者を使われることをおすすめします。

個人輸入代行はあなたの代わりに海外と取引してくれるサービスです。

ただし、個人輸入代行業者を利用する際には、必ず個人で使用すること、購入量は1か月分までなど、守らなければ違法となってしまうケースも多々あるので、利用する前に注意しておきましょう。

他にもインターネット経由では偽造品の可能性もあるので、少量ずつ購入して安心なサイトを見つましょう。

どちらがおすすめ?

薄毛治療薬を日本で購入する際は、病院で処方してもらうか個人輸入代行を使いインターネットで購入するかのどちらかとなります。

はじめてお薬を購入する方は、まず病院で処方してもらうことをおすすめします。

年配の方や持病を持っている人は、服用することに問題がないかを調べるためにも病院が望ましいです。

ただし、病院で処方されると値段が高く、量もとても少ないです。

繰り返し病院での処方は金銭的に辛くなってしまいますので、それ以降は個人輸入で購入するのも方法のひとつです。

このページの先頭へ