薄毛の原因

遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因で髪が薄くなる

薄毛・抜け毛の主な原因は、肉類や油ものの摂りすぎなど、バランスの悪い食生活と言われています。

もちろん髪にも健康状態というものはあり、良い状態を保つためには、質の良いたんぱく質や、ビタミン、ミネラルが欠かせません。

言うまでもありませんが髪の毛はタンパク質です。タンパク質と、タンパク質を運ぶための燃料(糖分)、そしてその代謝を助けるオイルが(補酵素ビタミン、ミネラルなど)が必要になってくるのです。

一番大事なことは、毎日きちんとバランスの良い食事をすること。それに尽きます。

また、亜鉛を摂取することもおすすめで、亜鉛は細胞分裂や再生に役立ちます。

つまりは髪の再生に繋がるのです。逆に亜鉛が不足すると髪の毛の成長が遅くなったり、細くなって、切れ毛や抜け毛を起こすこともあります。

亜鉛不足により身体中で最初に影響が出るのが髪の毛だということを知っておきましょう。

亜鉛を摂取できていないという人は、薄毛・抜け毛予防のためにも亜鉛を含む食品や亜鉛含有サプリメントを摂るようにしてください。

AGA治療について

AGA治療の種類は大きく分けて2種類あります。

1つ目は、発毛や育毛を促す治療薬を服用、または外用薬を頭皮に塗布する方法です。

AGA治療薬の代表的なものとして、プロペシアという内服薬とミノキシジルという外用薬があります。

プロペシアに含まれるフィナステリドという成分がAGAを引き起こす原因となるDHTの働きを抑制してくれます。

ミノキシジルに関しては頭皮の血行を良くし、毛母細胞に刺激を与えることにより発毛を促す効果があります。

2つ目は、施術を伴う方法です。髪の成長を促す「成長因子」と呼ばれる栄養分を頭皮に直接注入し、発毛や育毛を促します。

「メソセラピー療法」や「HARG療法」など、AGA治療法の新しい形として注目を浴びている手法です。

治療法は大きく分けて2種類ですが、薄毛の原因や進行状況などは人それぞれ異なります。

治療薬などをむやみに服用しても、自分の症状に合った治療法でなければあまり効果は見込めませんので、自分にとって最適な治療法を事前に理解しておくことがAGA治療にとって重要となっております。

このページの先頭へ